トップ  >  研究  >  経済・財政・社会保障

研究

経済・財政・社会保障

2021/03/04 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

岸主任研究員による研究ノート「コロナ後の財政政策の考え方」を掲載しました。

岸主任研究員による研究ノート「コロナ後の財政政策の考え方」を掲載しました。 本文(PDF)はこちらからダウンロードできます。 (要旨) ・ 足許の日本の財政赤字は、コロナ対策の結果、その水準および対GDP比率でみてもかつてない規模に達し、「財政危機」があらためてクローズアップされている。これに対して...

2021/02/15 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

経済社会研究会 研究ノートNo.1「都道府県別に見た製造業のプレゼンスと現在・今後のリスク」(横山昭雄・主任研究員)を掲載しました。

経済社会研究会 研究ノートNo.1「都道府県別に見た製造業のプレゼンスと現在・今後のリスク」(横山昭雄・主任研究員)を掲載しました。 本文(PDF)はこちらからダウンロードできます。...

2021/01/25 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

経済安全保障研究会 研究報告No.7 「強制技術移転問題に関する国際ルールの現状と課題」(平見健太 早稲田大学社会科学総合学術院講師)を掲載しました。

経済安全保障研究会 研究報告No.7「強制技術移転問題に関する国際ルールの現状と課題」(平見健太 早稲田大学社会科学総合学術院講師)を掲載しました。 平見氏の研究ノート本文(pdf)はこちらからダウンロードできます。...

2020/12/24 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

経済安全保障研究会 研究報告No.6 「DFFT(データフリーフロー・ウィズトラスト)と経済安全保障」(板倉陽一郎 弁護士・ひかり総合法律事務所)を掲載しました。

経済安全保障研究会 研究報告No.6 「DFFT(データフリーフロー・ウィズトラスト)と経済安全保障」(板倉陽一郎 弁護士・ひかり総合法律事務所)を掲載しました。 板倉氏の研究ノート本文(pdf)はこちらからダウンロードできます。...

2020/12/24 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

経済安全保障研究会 研究報告No.5 「GAのリスク拡大とその経済安全保障への影響」(渡辺翔太 株式会社野村総合研究所 主任研究員)を掲載しました。

経済安全保障研究会 研究報告No.5 「GAのリスク拡大とその経済安全保障への影響」(渡辺翔太 株式会社野村総合研究所 主任研究員)を掲載しました。 渡辺氏の研究ノート本文(pdf)はこちらからダウンロードできます。 ...

2020/11/05 | コメンタリー | 経済・財政・社会保障

百本主任研究員によるコメンタリー「韓国企業が『ポストチャイナ』としてベトナムを選好する理由」を掲載しました。

韓国企業が「ポストチャイナ」としてベトナムを選好する理由 百本 和弘 (主任研究員) 米中対立の激化、新型コロナウイルス感染拡大を受け、世界の主要企業は中国生産拠点の見直しに入っている。韓国企業も例外ではないだろう。ただし、韓国企業の場合、中国市場向けや対韓輸出向けの生産拠点としての中国の位置づけは...

2020/09/24 | コメンタリー | 経済・財政・社会保障

百本主任研究員による経済社会研究会コメンタリーNo.2「コロナショック後のグローバル・サプライチェーン -韓国の事例-」を掲載しました。

「経済社会研究会」は第3回研究会を9月18日に開催しました。当日、百本主任研究員が発表した内容をコメンタリー「コロナショック後のグローバル・サプライチェーン -韓国の事例-」としてまとめました。本文はこちらからダウンロードでお読みいただけます。 ...

2020/09/17 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

経済安全保障研究会 研究報告No.3 「デジタル経済安全保障と「自由なデータ流通」の出口計画」(OECD経済産業諮問委員会デジタル経済政策共同委員長 横澤 誠)を掲載しました。

経済安全保障研究会 研究報告No.3「デジタル経済安全保障と「自由なデータ流通」の出口計画」(OECD経済産業諮問委員会デジタル経済政策共同委員長 横澤 誠)を掲載しました。 横沢氏の研究ノート本文(pdf)はこちらからダウンロードできます。...

2020/09/10 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

岸主任研究員による研究ノート「MMTを振り返る」を掲載しました。

岸主任研究員による研究ノート「MMTを振り返る」を掲載しました。 本文(PDF)はこちらからダウンロードできます。 (要旨) ・2018年以来、米国や日本において注目を集めているMMTは、ポスト・ケインズ派の経済学であり、主流派(新古典派、ニューケンジアン)の経済学とよって立つ前提条件が異なって...

2020/08/06 | コメンタリー | 経済・財政・社会保障

小峰常任研究顧問による経済社会研究会コメンタリーNo.1「コロナショック後の経済社会の変容について」を掲載しました。

中曽根平和研究所は今年度新たに「経済社会研究会」を立ち上げ、第1回研究会を7月21日に開催した。同研究会のチームリーダーである小峰常任研究顧問の当日のメモをコメンタリーとしてまとめたものを掲載します。本文はこちらからダウンロードでお読みいただけます。 ...

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
▲ ページ上部へ