トップ  >  研究  >  外交・国際関係

研究

外交・国際関係

2021/04/12 | 海洋安全保障 | 研究テーマ別の一覧 | 研究形態別の一覧 | 外交・国際関係 | 研究レポート

日本語のホームページを刷新し、英語略称に合わせた新ドメイン(https://www.npi.or.jp)で公開いたしました。

日本語のホームページを刷新し、英語略称に合わせた新ドメイン(https://www.npi.or.jp)で公開いたしました。 英語ホームページについても、準備が整い次第新しいドメインで公開いたします。 なお、本アドレスについては、移行期間終了後閉鎖いたします。...

2021/03/31 | 政策提言 | 外交・国際関係 | 防衛・安全保障

久保研究本部長による緊急提言「米国新政権と日本: 日米首脳会談前の緊急提言」

「米国新政権と日本: 日米首脳会談前の緊急提言」 2021年3月31日 中曽根康弘世界平和研究所研究本部長 久保文明  2021年1月20日、ジョー・バイデン政権が発足した。世界的な感染症の真っただ中での政権運営という点では第一次世界大戦末期以来の状況であり、また米国と中国の対立が深刻化している点...

2021/03/25 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

百本和弘主任研究員「厳しい日韓関係が両国間の経済関係に及ぼす影響」を掲載しました。

百本和弘主任研究員の研究ノート「厳しい日韓関係が両国間の経済関係に及ぼす影響」を掲載しました。本文(pdf)はこちらからダウンロードでご覧になれます。   (要旨) 〇 日韓関係は2018年秋の韓国・大法院判決以降、厳しい状況に陥っている。他方、2019年7月に日本政府が韓国向け輸出管理の運用の見直...

2021/03/05 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 防衛・安全保障

宇宙サイバーと先端技術研究会 研究報告(No.2)「サイバー安全保障上の脅威:回顧と展望」(主任研究員 大澤 淳)

宇宙サイバーと先端技術研究会 研究報告(No.2) 「サイバー安全保障上の脅威:回顧と展望」(主任研究員 大澤 淳) を掲載しました。 本文(PDF)はこちらからダウンロードできます。 サイバー安全保障上の脅威:類型と懸念国 2020年に入り、我が国の企業を標的に情報窃取を狙ったサイバー攻撃が次...

2021/01/25 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

経済安全保障研究会 研究報告No.7 「強制技術移転問題に関する国際ルールの現状と課題」(平見健太 早稲田大学社会科学総合学術院講師)を掲載しました。

経済安全保障研究会 研究報告No.7「強制技術移転問題に関する国際ルールの現状と課題」(平見健太 早稲田大学社会科学総合学術院講師)を掲載しました。 平見氏の研究ノート本文(pdf)はこちらからダウンロードできます。...

2020/10/12 | コメンタリー | 外交・国際関係

米中関係研究会 コメンタリー No.3 「米中大国間競争の狭間におけるロシア」(小泉悠東京大学先端科学技術研究センター特任助教)を掲載しました。

中曽根平和研究所の「米中関係研究会」は、9月4日に「ロシアから見る米中関係 -米中大国間競争の狭間におけるロシア」と題して、小泉悠東京大学先端科学技 術研究センター特任助教のご報告をもとに、議論を行いました。   小泉氏のコメンタリーは、こちらからダウンロードできます。...

2020/10/05 | コメンタリー | 外交・国際関係

米中関係研究会 コメンタリー No.2 「新型コロナ危機下の米中対立激化と東南アジア」(大庭三枝神奈川大学教授)を掲載しました。

中曽根平和研究所の「米中関係研究会」は、6月に「新型コロナ危機下の米中対立激化と東南アジア」をテーマに、大庭三枝神奈川大学法学部教授のご報告をもとに、議論を行いました。   大庭氏のコメンタリーは、こちらからダウンロードできます。...

2020/08/31 | コメンタリー | 外交・国際関係

米中関係研究会 コメンタリー No.1 「豪州と米中関係 ― 「幸福な時代」の終焉」(佐竹知彦防衛研究所主任研究官)を掲載しました。

中曽根平和研の「米中関係研究会」は、7月に「豪州における米中関係」と題して 防衛研究所の佐竹知彦主任研究官からお話を伺い、議論しました。 佐竹氏のコメンタリー「豪州と米中関係 ― 「幸福な時代」の終焉」」はこちら からダウンロードできます。...

2020/08/06 | 研究ノート | 外交・国際関係

米国大統領選挙と対北東アジア関係研究会 研究報告No.1「バイデン候補の外交政策と民主党内の対立」(西住祐亮中央大学法学部非常勤講師)を掲載しました。

中曽根平和研究所では今年度から「米国大統領選挙と対北東アジア関係 研究会」を立ち上げ、その第1回研究会が 6月25日(木)に開催されました。 第一回目は、中央大学法学部非常勤講師 西住祐亮氏が、「バイデン候補の外交政策と民主党内の対立―対中政策への示唆を視野に―」 と題した発表をし、議論しました。 ...

2020/04/01 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.20―「中韓経済関係の緊密化と最近の変化」(百本和弘主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.20―「中韓経済関係の緊密化と最近の変化」(百本和弘主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●韓国の対中輸出は1990年代から2010年代初頭まで増加が続き、韓国の輸出総額に占める対中輸出の割合は約25%に達した。輸出主導型で成長を...

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
▲ ページ上部へ