トップ  >  研究  >  海洋安全保障

研究

海洋安全保障

2021/04/12 | 海洋安全保障 | 研究テーマ別の一覧 | 研究形態別の一覧 | 外交・国際関係 | 研究レポート

日本語のホームページを刷新し、英語略称に合わせた新ドメイン(https://www.npi.or.jp)で公開いたしました。

日本語のホームページを刷新し、英語略称に合わせた新ドメイン(https://www.npi.or.jp)で公開いたしました。 英語ホームページについても、準備が整い次第新しいドメインで公開いたします。 なお、本アドレスについては、移行期間終了後閉鎖いたします。...

2021/02/04 | コメンタリー | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

海洋安全保障研究会の「中国海警法に関する緊急声明」を掲載しました。

2021.02.01 中国海警法に関する緊急声明 中曽根平和研究所 海洋安全保障研究会委員長 元統合幕僚長 齋藤 隆    中国は1月22日に全人代常務委員会にて中国海警の任務や権限を定めた「海警法」を可決・成立させ、2月1日をもってこれを発効させたが、この法律の一部は国際法や国際慣行と相容れないも...

2019/07/12 | 外交・国際関係 | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

海洋安全保障の現場から~海上自衛隊インド太平洋方面派遣訓練乗艦レポート~(大澤主任研究員)

海洋安全保障の現場から ~海上自衛隊インド太平洋方面派遣訓練乗艦レポート~ 主任研究員 大澤 淳  2019年5月15日、海上自衛隊インド太平洋方面派遣訓練の視察・取材のため、シンガポールのチャンギ軍港に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「いずも」(艦長 本山勝善一等海佐)に乗艦した。5月26日のマレーシア...

2018/06/27 | 政策提言 | 海洋安全保障

「グレーゾーン事態への対処」提言書を発表しました。

海と空のグレーゾーン事態への対処 - その問題と対策 -  純然たる平時でもなく有事でもない事態、いわゆるグレーゾーン事態が我が国周辺でいつ起こってもおかしくない現状にあり、それへの対処が我が国最重要の課題となっています。  中曽根康弘世界平和研究所では、有識者からなる研究委員会を発足させ、今年1月...

2016/10/28 | 政策提言 | 外交・国際関係 | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

海上における危機管理~現場からの緊急提言~東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言を受けて

海上における危機管理 ―現場からの緊急提言― 東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言を受けて 2016年10月28日 2015年12月に発表された「東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言」を具体化するための検討を行うべく、世界平和研究所では防衛省・自衛隊及び海上保安庁の元幹部並びに学会有識者から...

2016/01/12 | 政策提言 | 外交・国際関係 | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言

東アジアの海洋安全保障に関する中曽根提言 2015年12月16日[PDF版はこちら] I. 背景   東アジアは世界で最も人口が多く、また、今世紀最もダイナミックに成長する地域である。この地域の国々を連結する東シナ海及び南シナ海は、膨大な貿易量が絶え間なく流れる世界経済の大動脈である。  したがって...

2015/10/16 | 研究ノート | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

米国の海洋戦略と「日米防衛協力のための指針」

松崎みゆき(主任研究員)による報告を掲載しました。 「米国の海洋戦略と「日米防衛協力のための指針」」(PDF) --------2015年4月、新たな「日米防衛協力のための指針」(以下、新「指針」)が策定された。「指針」は法的拘束力を持たないため、実効性の確保には国内法整備が必要とされるが、同年9月...

2015/04/08 | 政策提言 | 外交・国際関係 | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

「アジア海洋安全保障協力機構 (Asian Maritime Organization for Security and Cooperation, AMOSC)」~概念枠組みに関する第一次報告書~

世界平和研究所は、本年1月30日に開催した「東アジアにおける新しい海洋安全保障アーキテクチャーに関するシンポジウム」(詳細はこちらへ)の内容を踏まえ、「アジア海洋安全保障協力機構(AMOSC)」の概念枠組みに関する第一次報告書を発表しました。 本報告書は、当研究所のAMOSC創設に係わる主要な提言と...

  1 
▲ ページ上部へ