トップ  >  研究  >  コメンタリー

研究

コメンタリー

2018/12/10 | コメンタリー | 

「中国・華為技術(ファーウェイ)の激震を読み解く 」 主任研究員 岩田祐一

中国・華為技術(ファーウェイ)の激震を読み解く 主任研究員 岩田祐一 ※12月10日(月)日本時間午後2時30分時点の情報に基づく ■突然のCFOの逮捕劇  日本時間12月6日(木)に、世界を激震させるニュースが走った。  世界トップクラスの通信機器メーカーで、中国の先端技術企業の代表格とされる、華...

2018/12/07 | コメンタリー | 

「米中首脳会談」と今後の「米中貿易戦争」主任研究員 杣谷晴久

「米中首脳会談」と今後の「米中貿易戦争」 (米中経済研究会コメンタリーNo.1) 米中経済研究会 杣谷晴久(主任研究員) (注)本稿は2018年12月5日現在の情報に基づく はじめに  米中通商摩擦は、本年7月6日、米国通商法301条に基づく追加関税発動と中国の報復によって「貿易戦争」に突入。その後...

2018/11/09 | コメンタリー | 

「アメリカ中間選挙の結果と今後」上席研究員 森 聡

アメリカ中間選挙の結果と今後 上席研究員 森 聡  2018年11月6日にアメリカで中間選挙が実施され、上院では共和党が多数派を維持し、下院では民主党が8年ぶりに多数派に返り咲いた。 ※2018年11月9日現在 【上院】 未確定3議席                   ()内は改選議席数 ...

2014/10/06 | コメンタリー | 外交・国際関係 | 防衛・安全保障

小野寺五典―一生に一度の防衛大臣―(ロバート・D・エルドリッヂ客員研究員)

9月3日、安倍晋三総理は、任期中盤の自民党与党の幹部の再編成の一環として、新たな閣僚人事を発表した。 多くの国民や外国政府内で彼を評価していた人々が残念がっているが、退任した閣僚の中には小野寺防衛大臣がいた。日本史上在任期間が4番目に長い防衛大臣であり、数多くの成果を収めるた小野寺は、内閣で最も優秀...

  1 
▲ ページ上部へ