トップ  >  NPIについて  >  研究所概要

NPIについて

研究所概要

NPI

世界平和研究所は、国際社会が直面する重要課題について、自由な立場から深く考察し、創造的かつ建設的な提言を内外に広く発信する、開かれた政策研究提言機関として、1988年6月28日、総理府、防衛庁、経済企画庁、外務省、大蔵省及び通商産業省の6省庁を主務官庁とする財団法人として発足いたしました。
本研究所は、安全保障を中心とする調査研究、国際交流等の目的に添って、政治、経済、外交、安全保障等の重要課題の調査研究の他、内外の有識者を招いた公開シンポジウム、研究フォーラムを行っています。
これらの調査・研究結果は、平和研レポートとして会員および関係機関に配布しています。また、英文論文集「アジア・パシフィック・レビュー」を年2回発行しています。また、わが国が直面する重要課題に関し、積極的に独自の政策提言を実施しています。

2018年1月1日より、公益財団法人 世界平和研究所(IIPS)から、公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)に名称を変更いたしました。また、2018年10月10日より、「中曽根平和研究所」を通称名として使用することといたしました。今後とも皆様からの変わらぬ御鞭撻・御厚情を宜しくお願い申し上げます。

▲ ページ上部へ