loading...

本研究所は、安全保障を中心とする調査研究、国際交流等の目的に添って、政治、経済、外交、安全保障等の重要課題の調査研究の他、内外の有識者を招いた公開シンポジウム、研究フォーラムを行っています。

海洋安全保障に関する研究

RESEARCH

一覧へ

2017/03/09 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済研究報告書(平成28年度)

 中国経済研究会の報告書を掲載しました。 「中国経済研究報告書(平成28年度)」(PDF) ----------  外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、貿易や直接投資を通じて中国と世界の各国の経済的な結びつきは拡大・深化して...

2017/01/12 | 政策提言 | 外交・国際関係

提言『米国新政権と日本-新時代の外交安保政策-』を発表

提  言  『米国新政権と日本-新時代の外交安保政策-』 トランプ新政権の誕生は、戦後長らくリベラルな国際秩序を支えてきた米国において、国際協調よりも自国の利益を優先すると明言する政権が誕生するという、我が国のみならず世界に対しても大きな情勢の変化となる可能性がある。そこで、世界平和研究所では、日...

2017/01/06 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて-国際機関の分析や海外のエコノミストの論調を踏まえて-

北浦修敏 主任研究員による研究レポートを掲載しました。 「不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて-国際機関の分析や海外のエコノミストの論調を踏まえて-」(bp353j.pdf) (要約) 本稿は、国際機関等の海外のエコノミストの論調を整理して、2016年の中国経済のファンダメンタルズに関して...

2017/01/06 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

安定成長の下で不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて 

北浦修敏 主任研究員による研究ノートを掲載しました。 安定成長の下で不確実性を高める中国経済の現状と見通しについて(pdf) 本稿は、2016年の中国経済のファンダメンタルズに関して評価を行い、中長期的な見通しについて論ずるものである。2015年夏及び2016年初の中国株式市場の暴落及び人民元の下落...

PICK UP TOPICS

INFORMATION

一覧へ

2017/03/23 | ニュースリリース | 海洋安全保障

インドネシアでの国際会議「東アジアの海洋安全保障――地域的、実務的協力」(世界平和研究所・インドネシアCSIS共催)

2017/03/20 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「iPhoneの製品組み立て費用、価格のわずか1%...アップルは中国・台湾を離れない」が、Business Journalに掲載されました。

2017/03/13 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「銀行、存在意義消失の危機...AIが融資を5分で自動審査→翌日に口座振込」が、Business Journalに掲載されました。

2017/02/23 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「グーグル、不老長寿の研究など不確実な「その他事業」への果敢な挑戦を抑制」が、Business Journalに掲載されました。

2017/02/14 | メディアへの登場

雨宮主任研究員の論考「アップル、無敵状態鮮明...iPhoneは市場利益9割独占、Watchもサービスも一人勝ち」が、Business Journalに掲載されました。
中曽根康弘賞