loading...

本研究所は、安全保障を中心とする調査研究、国際交流等の目的に添って、政治、経済、外交、安全保障等の重要課題の調査研究の他、内外の有識者を招いた公開シンポジウム、研究フォーラムを行っています。

海洋安全保障に関する研究

RESEARCH

一覧へ

2019/09/02 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

百本和弘主任研究員「韓米FTAで韓国はどう変わったのか」を掲載しました。

百本和弘主任研究員の研究ノート「韓米FTAで韓国はどう変わったのか」を掲載しました。本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●2012年の韓米FTA発効後、韓国の対米貿易黒字が急増した。最大の要因は対米自動車輸出の増加である。ただし、これは現代・起亜自動車ではなく在韓外資系自動車メ...

2019/08/21 | コメンタリー | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

WTO協定と規制;安全保障のための輸出管理との関係は?

「WTO協定と規制;安全保障のための輸出管理との関係は?」 (米中経済研究会コメンタリーNo.6) 木村藍子(主任研究員) 2019年8月20日 コメンタリーの全文はこちらから 本年7月1日、経済産業省(以降、経産省)は外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づく輸出管理を適切に実施する観点から、韓国向...

2019/07/12 | 外交・国際関係 | 海洋安全保障 | 防衛・安全保障

海洋安全保障の現場から~海上自衛隊インド太平洋方面派遣訓練乗艦レポート~(大澤主任研究員)

海洋安全保障の現場から ~海上自衛隊インド太平洋方面派遣訓練乗艦レポート~ 主任研究員 大澤 淳  2019年5月15日、海上自衛隊インド太平洋方面派遣訓練の視察・取材のため、シンガポールのチャンギ軍港に停泊中の海上自衛隊の護衛艦「いずも」(艦長 本山勝善一等海佐)に乗艦した。5月26日のマレーシア...

2019/07/12 | 研究ノート | 科学技術・教育・文化・メディア

「情報通信技術と国際的問題」研究会レポートNo.2ー「国際標準化の「変貌」と日本に必要な「対応」」を掲載しました。

国際標準化の「変貌」と日本に必要な「対応」  ~「ルール設定主導」の流れに対する日本の心理的「強み弱み」を踏まえ~ (「情報通信技術と国際的問題」研究会レポートNo.2) 森 直子 (機械振興協会経済研究所 研究副主幹) 稲葉 緑 (情報セキュリティ大学院大学  准教授) 岩田 祐一 (中曽根平和...

2019/07/08 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

米中経済研究会レポートNo.16ー「WTO改革と開発;米中から見たWTO「途上国ステータス」問題」(木村藍子主任研究員)を掲載しました。

米中経済研究会レポートNo.16-「WTO改革と開発;米中から見たWTO「途上国ステータス」問題」(木村藍子主任研究員) レポート本文はこちらからダウンロードでご覧になれます。 (要旨) ●GATT/WTOは、設立初期から途上国に対する優遇措置であるS&Dを導入、整備してきた。しかし、198...