loading...

本研究所は、安全保障を中心とする調査研究、国際交流等の目的に添って、政治、経済、外交、安全保障等の重要課題の調査研究の他、内外の有識者を招いた公開シンポジウム、研究フォーラムを行っています。

RESEARCH

一覧へ

2014/12/22 | 研究レポート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-」(PDF) -------- (はじめに) 昨年の末から中国の不動産市場の販売が悪化を始め、本年春から生産、消費等の経済指標が弱い動きを示すようになり、最近中国経済に...

2014/12/22 | 研究ノート | 外交・国際関係 | 経済・財政・社会保障

今後の中国の経済成長について-世界のマクロ・エコノミストは現在の中国経済をどのようにみているのか-

北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「今後の中国の経済成長について-世界のマクロ・エコノミストは現在の中国経済をどのようにみているのか-」(PDF) -------- 過去30年間にわたり主に農村部から湾岸の工業地域に生産資源を移転する形で10%前後の実質経済成長を続けてきた中国経済に...

2014/12/12 | 研究ノート | 防衛・安全保障

日米同盟における運用上の課題

松崎みゆき(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日米同盟における運用上の課題」(PDF) -------- (「おわりに」より)  米国の安全保障環境に対する認識、国防戦略目標及びその実現のために必要とする能力等いずれの側面から見ても、同盟国としての日本の重要性は高まっていると考えられる。  ...

2014/11/10 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

日系企業の中国進出に関する現状と展望

豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日系企業の中国進出に関する現状と展望」(PDF) -------- 日本から中国への海外直接投資額は2014年に入って大幅減となっている。 一方で世界から中国への海外直接投資額は過去最高水準に膨れ上がっており、日本は2014年1-9月時点の国別では、...

2014/10/31 | 研究ノート | 経済・財政・社会保障

特恵貿易協定の進展と限界

安田啓(研究員)による報告を掲載しました。 「特恵貿易協定の進展と限界」(PDF) --------第二次大戦後、世界の貿易体制は1947年に成立したガット、それが発展した世界貿易機関(WTO)を軸にした多国間体制によって貿易自由化、ルール化、そして貿易秩序の維持が図られてきた。他方、1990年代以...